プルタルコス(プルターク)英雄伝

 ナポレオンが愛読し、人生の目標にしたという『プルタルコス英雄伝』です。

この中巻で紹介されている英雄は、アレクサンドロス大王、アギスとクレオメネス、ロムルス、カトー、ティベリウス・グラックス、ガイウス・グラックス、スラの8人です。

中でもナポレオンは、アレクサンドロス大王を熟読したと聞いたことがあります。ナポレオンはこれを読んでワクワクして、自分も将来英雄になることを夢見たのでしょうか。それと同じ本を、ぼくたちもいま読むことができるんですね。

at 07:54, あーりー, 歴史教養

-, trackbacks(0), - -

ギリシア神話を知っていますか

 星の海の荒波が、ザッパーンと脳ミソの老廃物を洗い流してくれる。そんな感じの気持ちよさがあります。ギリシャ神話の神々はとっても人間くさいです。こんな人間くさい神々のすったもんだを見ていると、不思議と、くよくよ悩んでいるのがバカらしくなります。

at 08:47, あーりー, 書籍全般

-, trackbacks(0), - -

喜劇の手法 笑いのしくみを探る

 
 笑える戯曲を書くための手引書です。シェイクスピア、モリエール、ニール・サイモンなど名手の喜劇を分析した一冊。「だます」「迷う」「間違える」「語る」「考える」という5つの視点から、笑いの仕掛けをあきらかにしています。

ものごとをうまく進めるためには、やっぱりそのための手順や仕組みがあるんですね。人を笑わせるのにも、そのための仕組みがある。なにごとも仕組みを知るところから始めると、より早く欲しい結果を手に入れられる。そんなふうに感じました。

at 17:52, あーりー, 書籍全般

-, trackbacks(0), - -

ホームエステのメルマガ

おすすめのメルマガをご紹介します。

ホームエステBochoumerのメルマガです。

エステや美容のメルマガです。ぼくは男性ということもあり、エステや美容にはあまり興味がないのですが、そんなぼくが読んでもためになります。

というのも、美容関係のネタだけではなく、男性が読んでも楽しくて役立つ情報がいっぱいだからです。


たとえば、

「ダイエット方法」
「サプリメントの選び方」
「自然な笑顔の作り方」
「ストレスとの付き合い方」
「脱毛・ムダ毛処理」
「乾燥肌の対処法」

などなど。

興味のある方はぜひどうぞ。
↓↓
ホームエステBochoumerのメルマガ

at 10:12, あーりー, 日記

-, trackbacks(0), - -

機動戦士ガンダム オリジン19巻 ソロモン編・前

評価:
Amazonおすすめ度:
オッサン達がかっこいい
ドズルの父性に涙
ガンダム、暴走?!

 アニメの『ファースト』も人間くさかったですが、『オリジン』はさらに人間くさくていいですね。キャラがいいです。

今回、ガンダムをマグネット・コーティングするために登場するモスク・ハンもイイ味を出していますが、なんといっても相変わらずドズルがイイです。

「あの時、あの学校」から始まったジオンの革命を、ドズルはひたすら走り続けてきました。「あの時、あの学校」には、ガルマがいました。シャアもいました。そしてみんな若かった。熱い時代でした。

『オリジン』には、“歴史”があります。

もちろんアニメ『ファースト』にも“歴史”はあるのですが、『オリジン』ではこれがより深く、人間味いっぱいに描かれています。そこが好きです。

シャアも見モノです。キシリアとの駆け引きがあります。

シャアが「仮面と覆面のかけひき、堪能いたしました」と言えば、キシリアは「ずいぶんと大人になったものだな、『シャア』」と応じます。シャアではなく、『シャア』です。かぎカッコがついています。シャアはもう、かつてのキャスバル坊やではなく、『シャア』です。キシリアの言葉に込められたこうしたニュアンスからも、人物たちの“歴史”を感じます。

at 09:40, あーりー, まんが

-, trackbacks(0), - -