<< イマジネーション 思想心理テスト | main | ホームエステのメルマガ >>

機動戦士ガンダム オリジン19巻 ソロモン編・前

評価:
Amazonおすすめ度:
オッサン達がかっこいい
ドズルの父性に涙
ガンダム、暴走?!

 アニメの『ファースト』も人間くさかったですが、『オリジン』はさらに人間くさくていいですね。キャラがいいです。

今回、ガンダムをマグネット・コーティングするために登場するモスク・ハンもイイ味を出していますが、なんといっても相変わらずドズルがイイです。

「あの時、あの学校」から始まったジオンの革命を、ドズルはひたすら走り続けてきました。「あの時、あの学校」には、ガルマがいました。シャアもいました。そしてみんな若かった。熱い時代でした。

『オリジン』には、“歴史”があります。

もちろんアニメ『ファースト』にも“歴史”はあるのですが、『オリジン』ではこれがより深く、人間味いっぱいに描かれています。そこが好きです。

シャアも見モノです。キシリアとの駆け引きがあります。

シャアが「仮面と覆面のかけひき、堪能いたしました」と言えば、キシリアは「ずいぶんと大人になったものだな、『シャア』」と応じます。シャアではなく、『シャア』です。かぎカッコがついています。シャアはもう、かつてのキャスバル坊やではなく、『シャア』です。キシリアの言葉に込められたこうしたニュアンスからも、人物たちの“歴史”を感じます。

at 09:40, あーりー, まんが

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://books.ariken.info/trackback/1388973