<< いつも目標達成している人の読書術 | main | ガンダムの常識 ゼータ&ZZ >>

キラー・リーディング - 最強の読書法

キラー・リーディング  「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ)
キラー・リーディング 「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ)
中島 孝志(著)


本に書かれていることは、
あくまでもヒントに過ぎない。

ネットに書かれていることも、
単なるヒントに過ぎない。

それらのヒントから、
ひらめきや発想を得て、
自分自身の答えに
たどりつくことが大事。

答えは、
「調べる」ものではなく
「考え出す」もの。

そういわれて、
気が楽になりました。

丸ごとコピーをしなくてもいい、
自分の答えを見つけていい、
っていう自由。

脳みその中で、たくさんの化学反応を起こせたら、気持ちがいいと思います。

いろいろな本を読んで、体験をして、脳の中で「異質」と「異質」の化学反応をどんどん起こしていきたいです。

頭の中がパチパチはじけて、気持よさそうですね。

脳は、自由空間。

本書には、読書で得た情報をビジネスで活かすためのノウハウが満載です。

ぼくも本書からヒントを得て、頭の中でパチパチとはじけさせて、自分なりの「読書術」を追究していきたいです。

「読書術」には、本を読む術と、それを活かす術が必要ですね。

子供のころ、忍者に憧れていました。消えたり、増えたり、瞬間移動したりする術を一生懸命練習したことがあります。

残念ながら忍術はマスターできませんでしたが、「読書術」はきわめていきたいです。

著者の中島さんのブログはこちら。

at 13:15, あーりー, 書籍全般

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://books.ariken.info/trackback/1306586