<< 名将・名参謀 - 人の使い方エピソード | main | キラー・リーディング - 最強の読書法 >>

いつも目標達成している人の読書術

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)
いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)
丸山 純孝(著)

著者の丸山さんは、人気書評メルマガ「エンジニアがビジネス書を斬る!」の発行者です。


読書に関するいろいろな本を読んでいて感じるのは、読書の「目的」を明確にすることの大切さです。

そしてもう一つ。本は、あくまでも「目的」を達成するための一アイテムに過ぎないということ。

何のために本を読むのか。読んだあと、どうするのか。大切なのは、ひとつでもいいから本から得たことを形にすること。つまりアウトプットなんですね。

本書では、アウトプットの第一歩として、メルマガやブログでの情報発信をすすめています。

その時に大切なのが、自分というフィルタを通して、自分の言葉を生み出すことだといいます。

目次の羅列や内容の要約ではなく、自分が何を感じたかについて書くこと。自分が感じたことをフックとして、そこから生み出されたイメージや思いについて書くこと。それが大切。

とはいえ。

正直、自分のイメージや思いを書いたところで、読んでくれる人がいるんだろうか、という不安があります。

でも、「読んでほしい」という色気を捨ててふっきれてしまえば、意外と簡単なことなのかもしれません。

あ、忘れていました。

著者の丸山さんは、読書を行動につなげて、その行動を楽しむことが大切という意味のことを書いています。

だとしたら、まず何よりも、ブログでのアウトプットを楽しまないと♪

楽しみながら、ありのままの想いやイメージを書いていきたいと思います。そのためには、力を抜くこと。そして、遊び心。

本書のキーワードでもある「快」の一字を忘れずに、脳や心に気持ちいいことを楽しんでいきます。

at 16:11, あーりー, 書籍全般

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://books.ariken.info/trackback/1305864