<< シャーロック・ホームズの叡智 | main | いつだって、うまくいく! >>

草なぎ剛 - 支える人、裏切る人

図解雑学 前田利家 (図解雑学シリーズ)
図解雑学 前田利家 (図解雑学シリーズ)
小和田 哲男(著)

『ぷっすま』が大好きです。味のあるゆるい進行はもちろん、草なぎさんが美味しそうにビールを飲む姿も大好きです。

逮捕のニュースを聞いて、前田利家のことを思い出しました。

本書の78ページには、逆境のときに利家を支えてくれた人のことや、逆に離れていった人のことが書かれています。

利家は人生で2度、大きな逆境を経験しました。どちらのときも、主君に見放された利家を本当に心配してくれた友人は、わずか2〜3人に過ぎなかったそうです。

それまでずっと兄弟のように仲良くしていた朋輩のほとんどが、いい気味だと嘲笑ったり、利家の反応を面白半分に探りにきたりなど、利家に冷たく背を向けたのである。

「人間は悲運に沈んでみなければ、友の善悪もわからない」と利家は語っています。不遇のときにこそ、本当の友だちがわかったんですね。

at 10:04, あーりー, 歴史教養

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://books.ariken.info/trackback/1255024