<< 伝える力 - 池上 彰(著) | main | 勉強なんてカンタンだ! >>

仕事ができる人の魔法の口ぐせ

元図書館司書さんのブログ「おもしろい本紹介します」をリンク集に加えさせて頂きました。本に興味のある方はぜひ訪れてみてください。

仕事ができる人の魔法の口ぐせ (PHP文庫)
仕事ができる人の魔法の口ぐせ (PHP文庫)
高城 幸司(著)

3000人の起業家に接してきた著者が明かす「仕事ができる人の口ぐせ」集です。

人は話している内容よりも話し方の印象によって「できる」「できない」を判断される場合がある、として具体例が紹介されています。

言っている内容が正しくても、ボソボソとして聞き取れない声だったり、聞いていてイライラするような話しぶりだと、できない奴という烙印を押されてしまうといいます。

“第一印象が大切”という話は『伝える力』でも触れられていた「つかみ」に通じるものがありました。『伝える力』を読んだばかりということもあって、とくに興味をひかれました。

また著者は、飾った言葉よりもありきたりの言葉のほうが人の心を打つと述べています。ビジネスは一人でできるものではなく、上司や同僚、部下、派遣社員、バイトさん、会社の掃除の人まで、いろいろな人の協力を得て会社は成り立っている。

だからこそ、日々元気に働いていることに感謝し、受けた好意には素直に感謝の気持ちを表してほしい、と著者は書いています。

ありがとう
すいません
うれしいです
感謝します

こうした日常的な言葉にこそ、魔法の力が込められているんですね。

at 12:58, あーりー, ビジネス

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://books.ariken.info/trackback/1239287