<< 英雄三国志 2巻 - 覇者の命運 | main | レッドクリフ - 何が史実で何が虚構か >>

マンガ 卑弥呼 - 邪馬台国のなぞの女王

卑弥呼―邪馬台国のなぞの女王 (学習漫画 日本の伝記)
卑弥呼―邪馬台国のなぞの女王 (学習漫画 日本の伝記)

邪馬台国の女王・卑弥呼の伝記漫画です。

卑弥呼の生き方を通して、当時の日本の状況、弥生時代の人々の生活がよくわかる一冊です。現在までにわかっているさまざまな研究結果と、『魏志倭人伝』をもとに描かれています。

内容をわかりやすくするために地図や写真がたくさん用いられているので、情報がビジュアルでどんどん入ってきます。漫画を読んで「もっと詳しく知りたい」と思ったら、巻末にある資料室・年表・解説でさらに理解を深めることもできます。

卑弥呼は中国の魏に使いを送っていますよね。そのころの中国はちょうど「三国志」の時代でした。1回目の使者を送ったのが238年頃といいますから、すでに劉備や諸葛亮、曹操らは生きていませんが、孫権や司馬懿は健在でした。

日本と中国はすごく近いですから、卑弥呼、孫権、司馬懿の3人が、例えばおなじ夜におなじ月を見上げたこともあったんでしょうね。

at 08:46, あーりー, まんが

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://books.ariken.info/trackback/1236393