<< モーツァルトを聴く人 - 谷川俊太郎詩集 | main | 40歳から成功した男たち >>

項羽と劉邦 - 人を惹き付ける力

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫) 項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫) 項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎(著)

いつも読んでいるブログ「横浜ほんよみ生活」さんの記事にローマ人の物語 ローマは一日にして成らずというのがありました。

ローマ人は、知力ではギリシア人に劣り、体力ではケルト人やゲルマン人に劣り、技術力ではエトルリア人に劣り、経済力ではカルタゴ人に劣る。それでも大帝国を築けたのは、あらゆる仕事を一番得意な人に任せたからだそうです。

これを読んで、小説『項羽と劉邦』を思い出しました。『項羽と劉邦』は紀元前3世紀の中国を舞台にした歴史小説です。秦の始皇帝が没してから、劉邦が漢帝国をつくりあげるまでの争乱が描かれています。

劉邦は農民の子から出世して皇帝になります。でも、とくにすぐれた能力を持っているわけではありませんでした。なまけもので、女好きで、酒好きで、なにをやっても適当です。

たとえば、こんなことがありました。劉邦が国の命令で囚人たちを護送していたときのことです。囚人といっても、連帯責任でしかたなく囚人となった者や、儒学の本を読んで捕まった者などです。

護送の途中、囚人たちは劉邦の目を盗んでどんどん逃げていきました。期日までに囚人を届けないと、劉邦は死刑になってしまいます。困った劉邦は残っている囚人たちに言いました。「おまえたちも逃げろ。おれも逃げる」 こうして劉邦はしばらくの間、山に身を隠して暮らすようになりました。

そんな危なっかしさが妙に人を惹き付けるのか、劉邦のまわりにはたくさんの才能が集まってきます。政治の天才、軍事の天才、権謀術数の天才など、各分野の一流どころが、劉邦を慕ってあつまり、彼の野望をささえます。

今うっかり「野望」と書いてしまいました。でも、劉邦が天下取りの野望を本当に持っていたのか、あやしいものです。項羽に負けたくない、項羽が怖いという一心で、戦っては逃げ、戦っては逃げを繰り返していたような気がします。

実際、劉邦は大ピンチになると「おれはもう怖いから、誰かリーダーの座をかわってくれ」とパニック状態で騒ぎ出し、部下たちから「おいおい…」とたしなめられるようなこともありました。それがまた魅力なんですが。

とくにすぐれた能力もなく、何のとりえもない劉邦ですが、彼に唯一の武器があるとすれば、それは「人を惹き付ける力」でした。そして歴史が証明している通り、この力の前では、どんな才智も剛腕も無力でした。

文芸評論家の谷沢永一氏は『時代小説作家ベスト101』の中で、名作ぞろいの司馬遼太郎作品から一つだけ代表作を選ぶとしたら『項羽と劉邦』を挙げる、と書いています。

そういえばまったく歴史に興味の無かったぼくの友人も、なぜかこの小説だけは「おもしろい」といって最後まで読んでいました。劉邦の人を惹き付ける力は、こんなところでも健在だったんですね。

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
項羽と劉邦〈中〉(新潮文庫)
項羽と劉邦〈下〉(新潮文庫)

at 10:47, あーりー, 司馬遼太郎

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://books.ariken.info/trackback/1234663