<< 風林火山 - 井上 靖(著) | main | 漫画-世界の歴史人物伝 >>

竜馬がゆく - 幕末小説の最高傑作

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎(著)


竜馬はなんの権力も持たない「個人」でした。

一介の浪人です。


彼は歴史の舞台にさっそうと登場しました。

名もない一個人でありながら、天下の大物政治家を相手に夢を語り、持論を展開し、行動しました。


竜馬は、

・薩長同盟
・船中八策
・大政奉還

など、歴史的な大政策を次々と打ち出して、明治への扉を押し広げます。

痛快です。


地位もない。金もない。権力もない。

そんな一個人の活躍が、世の中を動かしました。

「夢と情熱があれば、世界を動かせる」

竜馬の活躍は、戦後のサラリーマンたちに夢を与えました。

そういう意味では、日本の経済成長を支えた、「歴史的な」歴史小説です。

幕末小説の金字塔とも最高傑作とも言われています。


主人公の竜馬は剣の達人です。でも、決して人を斬りません。斬り合いになったら逃げます。フットワークの軽さは一流です。

頭のフットワークも縦横無尽。固定観念にとらわれるということがありません。

この小説の魅力は、竜馬が次々と既成概念を破壊していく爽快感です。

坂本竜馬って何をした人?

と聞かれても、なかなかひと言でいい表せません。竜馬の人生がとんでもなく独創的だったからです。


竜馬は、武士であり、商人であり、革命家でした。独創的な夢を抱き、誰も歩んだことのない人生を歩みました。

夢を追うために天からもらった命。これを思い切りよく使い切って死んでいこうという気概がありました。


日本は坂本竜馬を生んだ国です。

かつてこの国には竜馬がいた、というそのことだけでも、僕は日本人であることを誇りに思います。

司馬遼太郎は歴史に埋もれかけた坂本龍馬という人物を発掘してくれました。そして龍馬を竜馬としてよみがえらせ、この本を書きあげました。

『竜馬がゆく』が書かれた後の時代に生まれて良かったです。この名作を読むことができて幸せです。

at 12:32, あーりー, 司馬遼太郎

-, -, - -